債務整理したあとのことは

債務を整理をすると、本人はブラックになり金融関係のサービスに制限がかかりますが、債務者以外の家族に問題が生じる点については、心配いりません。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、金融サービスの審査に受からなくなることは、まずないでしょう。

とはいえ、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいて頂戴。保証人である家族が本人の借金を肩替りすることになりますから、気を付けなければなりません。 期日通りの返済ができないと、債権者から翌日に確認があります。
その際、いつ支払うかをやくそくすれば、とりあえずはその日まで待ってくれるものの、そのやくそくが不履行に終わると再度、支払いを求める連絡が来て、やがて訴訟に発展する可能性もあります。どうがんばったとしても返済が不可能なときは、借りたお金の整理をすれば取立ては止みますし、手続き中は利息も発生しません。

債務整理すると、ブラックリストに載って、その記録は、5年間残り、クレジットカードの審査にパスすることは難しいと言われています。

でも、5年もしないうちにもつ事が可能な人もいます。その場合には、借金を全額返済した場合が多いのです。

信用されたなら、クレジットカードをもつことが出来ます。債務整理を行なう方法に、任意整理と民事再生と言うものがあります。

元金が減額されるかどうかと言うのが両者のちがいです。
任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息の支払いを免除した上で返済額を設定し、各月の支払いを行っていくことになり、通常は借り入れの元金は不変です。その一方、民事再生の場合はまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。 借金 返せない